0からわかる射出成形 プラスチックものづくりのサイトです  
0からわかるプラスチック プラスチック ものづくり 会社情報 リンク ご質問  
 
成形品の二次加工

 塗装
 めっき
 印刷
 真空蒸着
 ホットスタンピング


 
 
塗装

塗装 
↑画面をクリックすると拡大します

 プラスチック成形品に塗装をする目的は、
1.装飾効果(着色、模様、色入れ)
2.保護効果(耐磨耗性、耐候性、耐薬品性)
に大別することが出来ます。

 塗装は、一般的にはスプレーガンによる吹きつけ塗装を行います。
飛び散った塗料の回収には留意しなければなりませんが、ロボットによる自動化が最も早く利用された業種でもあります。

 ポリエチレン・ポリプロピレン・ポリアセタールなどは密着性が悪いので、表面処理をして塗装するなどの注意があります。

 代表的な塗料としては、ポリウレタン塗料、アクリル塗料、ビニル樹脂塗料、各種ラッカー類などがありますが、塗装の対象となる樹脂や状況によって種類を検討する必要があります。


 

 ↑上に戻る ホームへ戻る   次のページ→